自分がちゃんと戦略的に生きれているかどうかを確かめる唯一の方法
和泉ワークショップデザイン事務所 > 00.blog > 自分がちゃんと戦略的に生きれているかどうかを確かめる唯一の方法

BLOG

ワークショップに関するトレンドやお役立ち情報などを、分かりやすく発信します。

自分がちゃんと戦略的に生きれているかどうかを確かめる唯一の方法

2016/10/26

00.blog, 02.コラム

 

皆さんは『イノベーション・オブ・ライフ』という本をご存知でしょうか?

 

ハーバード・ビジネス・スクール教授であり、技術経営の大家クレイトン・クリステンセン教授の著書です。

 

クリステンセン教授は、初の著作である『イノベーションのジレンマ』によって破壊的イノベーションの理論を確立させたことで有名となり、その後「企業におけるイノベーション研究の第一人者」と呼ばれるようになりました。

 

その方の著書「イノベーション・オブ・ライフ」を読み、僕の中で強く残った言葉がいくつかあったのでご紹介したいと思います。ブログのタイトルどおり、今の自分は本当に戦略的に生きれているのだろうか?という問いを抱えている人にとっては、何かヒントになるかもしれません。

 

ではどうそ。

 

 

a0150_000180_m

 

 

■そもそも戦略とは何か?

戦略とは簡単に言えば、あなたが何を達成したいか、そこにどうやって到達するかを示すものだ。ビジネスの世界での戦略は、企業が何を優先事項とするか、この先現れる機会や脅威にどのように対応するか、貴重な資源(時間、お金、能力、労力)をどのように配分するかといった、さまざまな要因が影響をおよぼし合ううちにできあがっていく。これらの要因が絶えず作用し合うなかで、戦略が生まれ変化していく。

 

 

■戦略とは「日々の無数の決定」から生まれる

企業であれ人生であれ、実際の戦略は、限られた資源を何に費やすかという、日々の無数の決定から生まれる。

 

わたしたちが自分の戦略に対して行う投資(それが積もり積もって人生になる)は、こう考えるとわかりやすい。わたしたちはプライベートな時間や労力、能力、財力といった資源を持っていて、これを使ってそれぞれの人生でいくつもの事業を育てていく。たとえば伴侶や恋人と実り多い関係を築く、立派な子供を育てる、キャリアで成功する、教会や地域社会に貢献するといったことだ。残念ながら資源には限りがあるため、それぞれの事業は資源を得ようとして競い合う。つまり、私たちも企業とまったく同じ問題を抱えているのだ。

 

 

■1番重要なのは「資源配分プロセス」

1日1日を過ごしながら正しい方向に確実に向かうには、どうすればいいのか?それには、自分の資源がどこに流れているか?に注意を払うことだ。

 

自分が心から実行したいと思う戦略を実際に実行しているかどうかを確かめるには、自らの資源配分プロセスに目を配ろう。たとえば、自分は慈善心のある人間だと自負している人は、自分の気にかけている大義や組織に、それだけの時間やお金を費やしているだろうか?家族が何より大事と言うなら、ここ一週間の時間の使い方の選択で、家族を最優先しているだろうか?

 

あなたは一瞬一瞬の時間の過ごし方や、労力とお金の費やし方に関わる一つひとつの決定をとおして、自分にとって本当に大切なのはこういうことだと、公に宣言しているのだ。

 

 

■口で言っているだけでは戦略にはなり得ない

企業の戦略を理解するには、その企業がやると言っていることではなく、実際にやっていることに目を向けろ。(アンディ・グローブ)

 

Appleがやると言ったことを実現できるようになった理由、世界で最も成功している企業の一角に返り咲いた何よりも大きな理由は、ジョブズの優先事項を、社員全員が深く理解するようになったことにある。

 

自分の血と汗と涙をどこに投資するかという決定が、なりたい自分の姿を映し出していなければ、そのような自分になれるはずもない。

 

 

■頭では分かっていても、それを行動で示せる人間は少ない

達成動機の高い人たちが陥りやすい危険は、いますぐ目に見える成果を生む活動に、無意識のうちに資源を配分してしまうことだ。これは、キャリアであることが多い。製品を出荷する、デザインを仕上げる、患者を救う、商談をまとめる、授業を教える、訴訟に勝つ、論文を発表する、給料をもらう、昇進を勝ちとるなど、自分が前進していることが最も具体的に見える分野だからだ。

 

実際、上昇志向の強い人たちの私生活には、同じパターンが見られることが多く、思わずハッとさせられる。家族ほど大切なものはないと頭では思っているのに、かつて一番大事だと言っていたものに、ますます資源を振り向けなくなっていくのだ。

 

あなたが望みどおりの人生を送れるか、意図したものとはかけ離れた人生を送るかは、自分の資源をどのように配分するかによって決まるのだ。

 

 

■大切な問い

1. あなたにとって、最も重要で大切なことは何か?


2. あなたは、その最も重要で大切なことに資源を費やせているか?

 

 

イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへイノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ
クレイトン・M・クリステンセン,ジェームズ・アルワース,カレン・ディロン,櫻井 祐子

翔泳社

Amazonで詳しく見る

 

 

 

■その他の「生きていくって大変だよね」はこちら

「自分にはこれしかない」と腹括ってからが本番

「人生のセーブポイント」みたいな場所がある

あなたは、自分の物語を生きているか?